旬は去った

先ほど、書きかけの記事を編集しようと思って、やっぱり止めた。
昨日書き始めた時の熱はすでに失われていたのだ。

次の日になってみると、昨日思っていたことが嘘のようにさえ感じられる。
自分の中に季節のようなものがあって、「旬」も巡っている。

その旬が移り変わっているのを感じて、もはや昨日の記事の続きを書ける気がしなかった。
「思い立ったが吉日」という言葉があるが、それと同時に「鉄は熱いうちに打て」も不可欠なのだと悟る。

本日はそんな感じの旬。